東京都青少年健全育成条例が可決っすか(´・ω・`)

こんばんわっす。

東京都青少年健全育成条例が可決になったらしいです。

漫画やアニメの性描写規制条例、都議会本会議で可決成立 出版界反発に「慎重に運用」の付帯決議

http://sankei.jp.msn.com/politics/local/101215/lcl1012150901000-n1.htm

ふと思った。

子供の頃から、少しエロ表現、暴力的な表現のアニメや漫画は多くありました。
けど、子供の全てがそれを見てたでしょうか?見てないと思います。
その「観てた」「観てない」この差は何だったでしょうか?こういった法案もなかったのに。
そう、暴力的だったり、エロだったりの判断を親や周りの大人がして、何を見せるか決めてたと思うのですよ。

親がしっかり子供に向けて何が駄目で、何が良いか・・・教えてあげる事が一番大事だと思うのですが。

こういった法案が出来たとしても、結局、何が悪いか悪くないか教えなければ、大きくなった時に、余計に困った人間が出来上がるだけだと思うのですけどね。

禁止・制限だけじゃ何も生まれないと思います。

そして、こういう法案の所為で、想像力溢れる作品というのが世に出てこなくなりそうで怖い。

あと、漫画やアニメより、実写ドラマとかのが、教育的に悪い作品多いと思うのですけどね?
規制するなら、全てのメディア作品を対象にしないと意味ないと思うんだけどなぁ・・・。

さて、決まってしまったのら仕方ない。問題はここからですよ。

これを受けて、出版社がどう動くか、他の自治体がどう動くか・・・。

出版社的にはまじめに作品に対して口出されたり、販売に影響あるなら、無理に東京に固執する理由が無くなってくるかもですな。
作家も、そういう規制を逃れる為に、それとは関係のない場所で活動するかもしれない。
あー、オタク文化といわれる部分が、東京から消えるかもしれない可能性があるかもっすねぇ。

いっそ、東京でやるコミケは今年で最後にして、来年からは別地方でやればいいのにね。

さてさて、漫画的に言うと

「俺たちの戦いはこれからだ・・・!」

でしょうか(・∀・)
[PR]

  by nisedaiti | 2010-12-15 18:51 | コミックアニメCD

<< ラブプラスのカレンダー オススメ漫画:笑って!外村さん >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE