今月の高杉さん家のおべんとう

こんばんわっす。

今月号のフラッパー買ってきました。
ってなわけで、


高杉さん家のおべんとう感想でも。


今月は、温巳がゼミの実習旅行という事で、久留里と一緒に東京へ行くお話でした。
以前、北海道に行った時はお留守番状態だった久留里でしたが、今回はきちんとついて行く事となっております。
今回、同行した理由は本誌にて確認を。

ただ、あれっすよねぇ・・・前回、留守番をした事によって久留里は自分の気持ちに色々気が付いたかもしれませんね。
それが今回の同行に繋がってるかも?とか思ったり。

自分も経験ありますけど、親の会社の旅行とか、新入社員とかでの旅行って知らない人だらけ&会話をする内容がない状態なので、結構寂しい・・・というか、退屈というか・・・そういう状況になるんですよね。
久留里は、温巳と一緒に居たいが為に同行してると思いますが、そう一緒にはいられない・・・寂しい思いするばかりです。
それに小坂さんは気が付いてる所がさすが・・・ですかな(・∀・)

そこで、一緒に行動する事を進めてくるのですが・・・





f0072176_19453195.jpg



と、自分の意思を優先する久留里さんでした。
そして、初めて人の前で「ハル」と呼んでるシーンでもありましたなぁ・・・。

そして、次の日の行動中ですが

f0072176_19454377.jpg


|-`).。oO(何このカップルな感じの呼び方・・・

いやー久留里さんが幸せなら問題ないんですけどね。

|-`).。oO(ただ、温巳は何も感じてないだろうなぁ・・・。

そして、今回は東京に来ている・・・つまり、久留里とその母親が住んでいた町に戻って来てるわけでもあり、久留里にとっては辛い場所かもなんですが

f0072176_19455885.jpg


と、母親との思い出もこの笑顔で話せるようになってました。

その原因に付いては小坂さんが、作品内で説明してくれてます。
これを読んだら「ああ、真理だなぁ・・・」とか思えました。
気になる方は、是非フラッパーを買って確認して欲しい所であります。

しかし、最近の漫画で、こういう笑顔に出会える作品ってあまりなかった感じがします。

ちょっと幸せな気分になりたい方に、是非この作品を読んで欲しい今日この頃です。

ってなわけ!今月号はニヤニヤ(・∀・)しっぱなしでありました。
[PR]

  by nisedaiti | 2011-03-06 19:46 | コミックアニメCD

<< 感想でも。 SP革命編前日 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE