みきおとミキオをご存知でしょうか?

こんばわん。
今日はプロ野球は御休みです~。

さて今日はジャンプの発売日。
そのジャンプの話の前に・・・
秋の季節って服の衣替えとかTV番組では番組の改変時期で特番の嵐です。

そんな衣替え・改変っていうのはマンガ雑誌にもあるわけでして・・・。
もちろんジャンプにもありますよ。
ってなわけで、今日発売のジャンプを読みますと新連載が始まっていました。
まーその紹介をしようとも思ったんですが、このブログで紹介しなくても色々な所でしょうかいされてそうなので、やめておきますね^^;

で、新連載がある・・・つまり改変になりますと終わる作品もでてくる訳でして・・・。
今日のジャンプで
いとうみきお先生の
謎の村雨くん
という作品が最終回になってしまいました。

個人的には好きな内容だっただけに残念でしかたないっす。
ジャンプのいい所は新人作家&飛びぬけた内容の作品をいきなり連載させたりする所なんですが・・
悪い所は人気がなかったらすぐ打ち切りをする・・・ってな所ですね。
この謎の村雨くんも別の雑誌の連載だったらもっと続いてたかも・・・と思うと今回で最終回ってのは残念で仕方ありませんなぁ(TヮT)

はぁ・・・・ん?いとうみきお先生・・・・みきお?
あ?!
ってなわけで(なにが)

紹介忘れてたコミックがありましたのでご紹介しておきます。

みなさん、
藤子・F・不二雄先生
はご存知ですよね?
ドラえもんを筆頭に色々と有名なマンガ描かれていた大先生です。
今でも亡くなったのは残念で仕方ないっす。

この偉大なる藤子先生でもすべての作品が長期に渡り連載されていた・・・と言う訳ではないんですよね。
当方が子供の頃は色々と藤子先生の作品を読んでましたけど、その当時読んでいた作品は1~3巻ぐらいで終わる作品が多くありました。
まぁ、長く続けば面白いって訳でもないっすけど、読んでいて面白い作品が多かっただけにもっと連載して欲しかったなぁ・・・と思う作品が多かったですよ。
アニメでは長期に渡り放送されていた
キテレツ大百科
もコミックでは3巻ぐらいで終わってますからねぇ。

そんな中、子供の頃読んでいて個人的にめちゃ気に入った藤子先生作品があったんですが、当時でもかなり藤子先生の中では古い作品にあたってたっぽく、当方がコミックを自由に

買えるぐらいの年齢になった頃にはもう本屋からは消えていた作品がありました。

で、もう忘れかけてたんですが・・・・
この度、文庫本という形でコミックが発売される事になったんですよ!
というか、なってたのを知らなくて本屋で見かけてビックリですよ!!(゚∀゚;)

その本がこちら。

f0072176_21305214.jpg


みきおとミキオ
です。
内容は・・・オビに書いていたのを書きますと、

ふとしたことで見つけたタイム・トンネル!!そこで「みきお」が出会ったのは、自分にそっくりな100年後の「ミキオ」だった・・・!!!

という感じの話です。

藤子先生お得意の未来系の話っすな。
話の内容を付け加えると
タイムトンネルを抜けて出たところが100年後の未来で、そこで自分の子孫と思われる自分そっくりな同じ名前の人物と出会い、毎日決まった時間に未来と現代の生活を入れ替え・・・そこで興る色々な未来・現代のギャップを面白おかしく描いている内容になってます。

この作品、子供の頃読んだ当時はすごく
「未来にタイムワープしたらこんな事になるんだなぁ」
的にワクワクしながら読んでいたと思います。

ですが・・・今読むとちょっと「時代設定的にどうなんだろうか?」と思う部分と「おお、藤子先生すげー」と思う部分がありますよ
この話は1974年の話なんですが、その100年後といえば2074年。
この話の中で子供達だけで月旅行に行く話があるんですが・・・今は2006年、あと68年後にこんな風になるとは思えないんですけどw
たぶん月旅行いけたとしても、金持ちの人々しかいけないんじゃないでしょうかねぇ?

あと「おー」と思った話が。
この月旅行の話で宇宙船が壊れてしまい、月までたどり着けない状態に。
ただ、壊れたのはコンピューターだけでコンピューターがしていた着陸移動までの距離計算を自分らで計算できれば、無事月に行ける・・・という話しがあったんですが。
けど、みんな計算ができなかったんですよ。何故かといいますと・・

この2074年の世界では人間は便利な機械などになれすぎて、体力的・知力的に脳が低下している世界になってるんですよ。
ので、簡単な計算も計算機がないとできない常態ににみんななってた・・・と言うわけです。

そこで、主人公はその未来人と違って過去の人間。
暗算はできなくても紙とエンピツがあれば計算もできると言うわけで・・・で、無事計算できて月に辿りついたわけです。


この話でなにが「あー」と思う事なのか。

先日TVで見ていたんですが、最近の若者らは携帯電話やら便利な電子機器に囲まれている性で脳が退化しつつある・・・みたいなニュースがやっておりました。

つまり便利になりすぎると、この「ミキオ」の世界みたいにヘタすれば計算機がなければ計算もできない時代になってもおかしくない・・・という可能性があるってな事なんですよね。

いやー、今この作品を読んで少し、怖くなりましたw

まぁ、結局何が話たかったか解からん内容になりましたが、藤子先生ファンでまだこのコミックを読んだ事がない人は是非読んで欲しい今日この頃です。

あと、びみょーに長くなった今日のブログをここまで読んでくれた人に、感謝^^

あと、いとうみきお先生には打ち切りに負けず頑張ってほしいですなw
もうジャンプから出ればいいと思うんですが、大人の事情でもあるんですかねぇ・・・。
[PR]

  by nisedaiti | 2006-09-25 21:31 | コミックアニメCD

<< 柴田亜美先生の新刊がでておりました。 ジパング&食いタン最新刊~。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE