柴田亜美先生の新刊がでておりました。

こんばんわー。
今日も阪神勝ちました!これで6連勝っす!
ここまで勝つと少し笑いがとまりませんな^^

お笑い・・・といえば、関西人はお笑いにウルサイと思われてそうですけど、当方大阪に住んでいますが、当方はそんな事はないですw
なもんでお笑い番組とか見てると一人で大笑いしている時がしばしありますよw
以前、鹿児島に住んでいる親戚を吉本新喜劇に連れて行った事があったんですが、大阪で何度も新喜劇みている当方の方が大笑いしてたぐらいです^^;
まぁ、それぐらいすぐ笑ってしまいますねw

さて、いきなりですが、当方はマンガ喫茶等にはいかない事にしています。
その理由は上記に書いたお笑いの為です。
マンガを読んでいてもすげー大笑いしながら本を読むので、いくらマンガ喫茶に個室とかあるとしても落ち着いて読めない感じがするんですよねぇ^^;
さすがに、人に見られるのは恥ずかしいですからねw

さて、そんなお笑い好きな当方が、腹を抱えて笑うコミックが約2年ぶりにでておりました。

それがこちら。


f0072176_22112792.jpg

ドキばく~3年B組みヒゲ八先生編~
です。
あ、横の
PAPUWA
は2年ぶりではないですけど、ほぼ同時に発売されてましたので、一緒に紹介っすw

この作品を描いているのが
柴田亜美先生
です。
この漫画家さんは、マンガ自体も面白いですがこの作者自身が面白いんですよw
この ドキばく はゲーム雑誌のファミ通で連載されているんですが、この作者自身が登場人物となってでてまして(表紙のキツネみたいなタヌキが柴田先生ですw)色々な有名クリエイターの所に行って一騒動を起こす模様を描いている作品です。
まぁ、所詮マンガだから大げさで、実際の取材は普通なんでしょ・・とか思いそうですよね?
けど、この柴田先生のスゴイ所はゲーム会社の社長やら有名クリエイターさんに実際に演技などをしてもらいマンガのカットと一緒の写真を撮っている所なんです(゚∀゚)

チュンソフトというゲーム会社があるんですが(以前このブログで紹介した「かまいたちの夜X3」を製作した会社です)この会社の社長さんはこの作品にやたらと出てくるんですけどw
今回もこんな事になってましたよ・・・


f0072176_221245100.jpg


殺されてますよ(゚∀。)

とりあえず、社長にここまでやらせる、やってくれる・・・ここらがこの柴田先生のすごい所なんですよねw

まぁ、こんな感じでこの ドキばく はぶっ飛んだ内容になっております。
ゲーム好きな人でまだ読んだ事ない人は是非読んでくださいな。
あなたの好きなゲームを作った人々が、とんでもないキャラにされて、とんでもない事になってるかもですよw

ちなみに、以前発売されたファミ通で、浜村通信こと浜村弘一さんが柴田亜美先生についてコラムを書いておりました。

そのコラムを読みますと柴田先生はゲームクリエイターに好かれているからこそ、ここまでできる・・
ってなのが解かりましたよ。

あと、マンガではいきなりおしかけての取材的に描かれてますが、実際はちゃんと担当が事前に連絡・メーカーに了解を取ってからの取材をしているらしいです。
まぁ、当たり前といっちゃ当たり前ですかね^^;

そんなわけで、笑い好きの当方はこの柴田先生のコミックを読むと大笑いしているのでありましたw

あ、PAPUWAの紹介してないや( ゚∀゚):;*.':;ギャノヽノヽノヽノヽ!!
ま、まぁ、いいか(゚∀。)
とりあえず、面白いですよw
[PR]

  by nisedaiti | 2006-09-26 22:12 | コミックアニメCD

<< クランプニュータイプ[プラチナ] みきおとミキオをご存知でしょうか? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE