レモネードBOOKS最新刊を読んでホンワカになろう。

こんばんワイン~(死語)

ってなわけで、本日2回目ですのでサクっと本の紹介でも。

1回目の話で「暴君ハバネロ」多いに頭の体操ができたと思うので(え?できてない?)
今度は読んでいて「ほんわか~」となれる本の紹介でも。

それがこちら。

f0072176_22465519.jpg


レモネードBOOKS

の最新刊です。

この本は以前このブログで紹介しました
「つぶらら」
の作者でもある「山名沢湖先生」の作品です~。
この先生の作品に出てくるキャラクターは、ホントに「ほんわか~」的要素が含まれている事が多いです。
この本の主人公達もそんな感じです。
読んでいてホントに「ほんわか~」と感じられますよ。

内容は本好きの男の子と、その男の子の彼女と、その二人の周辺の人達の話をまったりとほんわかに、描いている作品となております。

なもんで、特に「これだ!」と言ったシーンはないんですが、逆にどこを読んでも「ほんわか~」な気持ちになれそうな作品になっております。

ってなわけで、本好きな人や、「ほんわか」な気持ちになりたい人に読んで欲しい作品ですねぇ^^
[PR]

  by nisedaiti | 2006-12-17 22:46 | コミックアニメCD

<< KOTOKOの新作アルバム&月... 暴君ハバネロ:暴大入試試験をご... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE