ギャンブル漫画が大好きです。

こんばんわーっす。

そういえば昔、マガジンで連載されていた漫画に

100万$キッド

という漫画がありました。

3人の兄弟がいきなり親から1億円を手渡されて、それを一番有効利用した人が親の遺産を相続出来る・・・という内容でありました。
で、主人公はその1億円を手に・・・ラスベガスへ。
そしてそこから主人公のギャンブルとの戦いが始まったのです・・・。

って、

1億円の使い道→ギャンブルと発想した時点で普通は遺産相続から外されると思うのですが(・∀・;)

まぁ、でもそのギャンブルで全て勝っていってる所を見ればその考えは無くなりますかな?
ギャンブルって勝負運だけで勝てる勝負もあれば、人間相手のギャンブルだと駆け引きとか大事ですからね。
事実、この漫画はポーカーとかで「ブタ(役ナシ)」で何十億と賭けてハッタリだけで勝つ・・・というシーンが何度かありました。
そんな駆け引きに強い所を見せる為に主人公は1億をギャンブルに・・・と思ったのでしょうかね?
・・・たぶん違うとは思いますが(゚∀。)

そんなわけで、当方はギャンブル漫画が大好きっす!

駆け引き・・・といいますか、二転三転する展開とか面白いですしね。

そんなわけで、先日勝ってきた漫画は、ギャンブル系漫画の大御所と言っても過言ではない

福本伸行先生の新刊であります。







f0072176_21571137.jpg


博打覇王伝 零

です。

それの2巻目となります。

ヤングマガジンでは、博打・・・今なんだっけかな?カイジがやっておりますが、それとはまた違う主人公で新たなギャンブル漫画が現在週刊マガジンで連載されておりますよ。

ホントこの人どれだけ漫画を考えつくんでしょうかねw

カイジは最初は失敗はするものの、発想の転換で勝負を逆転していく漫画でしたが、この漫画は主人公が秀才という、この人の漫画ではちょっと珍しい位置にいる主人公ですな。

今回のコミックでの話もそういう秀才ならではの展開が結構ありましたよ。


とりあえず、ギャンブル系漫画が好きな人には、この漫画読んで欲しいですね。


ちなみに、この漫画は資産家達が何兆円も賭けて勝負をする為に、代打ちを探す為の試験・・・という感じで主人公達はその試験を受けているのですが・・・この世界とカイジのいる世界が一緒の世界で、別の資産家の代打ちとしてカイジが出てきたりしたら楽しいのですけどねぇw

それはないかなぁ?

クランプ作品なら平気でそういう展開ありそうですけどねw
[PR]

  by nisedaiti | 2008-01-29 21:57 | コミックアニメCD

<< 今日はネタが・・・ このCD買ってました。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE