週刊サンデーで藤田和日朗先生の新連載

こんばんわーっす。


漫画雑誌にはその雑誌のイメージ的なモノってありませんか?
時代が進みそのイメージが変化していく場合もありますが、中々雑誌によってはイメージが変わらない雑誌もあったりしますよね。

中でも週刊サンデーは作品は変われど描いてる作者が結構固定メンバーだったりするのでイメージ自体はあまり変わらない印象がありました。
サンデー編集部自身もそのイメージがあったかどうかはしりませんが、一部の固定メンバー以外、最近のサンデーは新人をより多く起用してそのイメージを変えようとしていた感じがしておりました。

が!

それが裏目に?出たのか最近のサンデーはぶっちゃけ

読む漫画が少ない

状態になっておりました(注:あくまでも個人的主観です)





ただ、当方は中学校時代からサンデーは買い続けてますので、サンデーの流れ的なモノはある程度、身体ではなく心で理解してる・・・つもりでした。

実際どういうやりとりがあるのかは知りませんが、サンデーの中核で頑張っていた漫画家さんは最近では、別の雑誌で描いている事が多くなってきてますね。

ただ、今までのサンデーはこういう事が多くありました。

固定メンバー+中堅メンバー入れ替え→間に新人が育ち、その新人が中核、主軸になる→またサンデーを支える・・・

これがサンデーの流れだったんじゃないでしょうかね?

最近、その中核を握っていた、連載がサンデーでは結構最終回になってしまいました。

こういう時こそ新人が芽を出し活躍しないといけない時だと・・・思うのですが、正直、今のサンデーの新人さんの漫画にはもう1歩、何かが足りない気がします。

ただ、どんな漫画家さんでも最初は大変だったと思うし、これから連載を続けて頑張って行けばいいと思います。個人的には・・・

ですが!

雑誌を売る側としてはそんなにのんびりとは出来ないのでしょうなぁ。

毎週水曜に同じく発売されているマガジンも、同じ感じだと思われ、売り上げは落ちているみたいです。


・・・予断ですが、そのサンデーとマガジンが売上回復の為に1つ、戦略を考えて、実行に移そうとしておりますよ。

それは・・・・


名探偵コナン(サンデー側)&金田一少年の事件簿(マガジン側)この両作品がのる雑誌を創刊するみたいです。

今日、マガジン&サンデー両方で正式に告知がなされてましたよ。

ただ、総集編的な雑誌なら個人的には魅力は感じないのですよねぇ。
だって、両方ともコミック全巻持ってますので(・∀・)

最初はそれでも、途中からは合作で10号ぐらい連載してくれればその雑誌買いたい所ですが・・・それは難しいかなぁ?

とりあえずは創刊号に期待はしておきましょう。


閑話休題。



ってなわけで、人気は落ちてない(寧ろ上がってる)漫画家さんで以前にサンデーで連載をしていた先生が、もうサンデーには戻ってこないであろう・・・と思ってたのですが、なんとも、復活となりましたよ。

その先生はご存知・・・


藤田和日朗先生


です。


でもって、始まった連載がコチラ。

f0072176_1956783.jpg


月光条例

です。

タイトルだけではどんな作品か解りませんですかねw

簡素に内容いいますと・・・。


とある満月の夜になると、絵本の中の世界がおかしくなる・・・


という話です。


で、ここからは藤田先生節炸裂でしょうなw

絵本の中の世界が、現実に現れて・・・という感じでしょうか。

まだ1話目なのでコチラも把握しきっておりませんw

ただ、

「ああ、藤田先生だなぁ」

という作品だとは言えるっすなw

(・・・絵本の中の世界が現実に・・・で、ボヘミアンラブソディーを思い出した方は、荒木先生ファンとみた!)


ってなわけで、最近サンデー読む作品が少なくなってきて、そろそろ雑誌買うのを止めようかと思案中だったのですが、今回の藤田先生復活により、もうしばらくは雑誌を買わないといけなくなりましたw

さーって、藤田先生ファンの方はとりあえず今週のサンデーは買うべきかもw


あ、ちなみに、サンデーが創刊50周年という事で、先週号から過去にサンデーで活躍した漫画家さんがゲストで過去を思い出す漫画を描いています。

今週号は

水島新司先生

石渡治先生

がゲストで描いております。

過去のサンデーファンの方、必読かも?
[PR]

  by nisedaiti | 2008-03-26 19:56 | コミックアニメCD

<< ハガレン最新刊~。 やよいの誕生日動画作りました。 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE